テニスしなくてもなってしまう、テニス肘の予防と対処法

テニス

テニス肘は、テニスにより肘を酷使し痛めてしまうもの。正式名称は痛む部位によって2つに分けられ、肘の外側が痛む場合は「上腕骨外側上顆炎」、肘の内側が痛む場合は「上腕骨内側上顆炎」と言います。

しかしこのテニス肘、テニスをする人だけのものではないのです。普段の家事やデスクワークで肘の痛みを覚え、病院に行ったところテニス肘と診断されることも。

そもそもテニス肘は、腕や手首の使いすぎが原因なのです。

日常的に何気なく行なっている動作によって引き起こされていることもあります。たとえば、パソコンやスマートフォンを使うとき、特別に力を入れている自覚はないかもしれません。しかし、長時間手首を曲げた状態でいるというのは、それだけで手首にとっては負担なのです。ほかにも、家事でフライパンや包丁を使う、雑巾る。あるいはオフィスで、マウスを操作したりペンで文字を書く。こうした日常的な動作でも、余計な力が入っていたり長時間続けたりすると、筋肉や腱が炎症を起こしてしまうのです。

肘に痛みを感じたら、とにかく安静にすることが大切です。そして痛みがある程度落ち着いてきたら、痛む腕を体の前に伸ばし、グーとパーを繰り返してストレッチをしてみましょう。

そして症状が治まったら、次は再発させないように予防策を講じます。まずは、普段から肘に負担をかけない心がけを。雑巾を絞る際には、なるべく小指側に力を入れるようにする。パソコン操作時は、腕と体の距離が開きすぎないようにし、脇をしめて座る。小さな心がけですが、積み重ねでテニス肘を予防できます。
腕を酷使してしまったと思ったときは、痛みを覚える前――腕が熱を持ち始める前に、タオルで包んだ保冷剤を当てるなどしてケアしましょう。
普段からストレッチをしておくのも予防に役立ちます。お風呂上がりなど体が温まっているときに行なえば、より効果的。やり方は簡単です。まず、ストレッチさせる側の腕を体の前に伸ばします。手のひらを上向きにして、親指以外の指を反対側の手で下方向に押さえます。多少痛みを感じるところで止めるのがコツです。20秒~30秒ほど筋肉をゆっくり伸ばしましょう。次は腕を横にして、また指を手のひらと逆方向に反らすようにストレッチ。終わったら、反対側の腕も同様にストレッチしてください。

日常的な動作でも、負担が積み重なることで起きてしまうのがテニス肘。日頃から意識して負担を減らし、ストレッチで予防して、痛みと無縁の毎日を送りましょう。