足の関節(偏平足)

偏平足とは

一般的には、足のいわゆる土ふまずと呼ばれるところのアーチが低下した状態を指します。

また、横アーチが低下した足を横軸扁平足と呼びます。
偏平足に関してはみなさん様々な誤解をされる部分が非常にあります。
たとえばスポーツをしている人で偏平足になって、ジャンプ力がどうとかっていうのは非常に誤った考え方で単純に運動によって足の筋肉がついただけで心配することはありません。
また、肥満体の人の中でも土ふまずがないと慌てますが、これも必ずしも偏平足という訳ではありません。
そもそもこのアーチは体を支える上でクッション的な役割を果たしているのが、このアーチがおかしくなる原因は足の筋肉の弱体化が一番多いとされています。
つぎに過度の肥満などがありあますし、そのた様々な要因が絡み合うものなのです。

偏平足になると非常に疲れやすくなり、痛みが出てきます。
なのでまずは足裏の筋肉をつけることが大事になります。
まずは筋肉を鍛える事。そして偏平足にありがちな歩き方や骨格のずれを矯正する必要があります。
この骨のずれは整体院さんで治してくれます。
整体を橋本で探してる人におすすめ
また、筋肉の鍛え方なども同時にレクチャーしてくれるので、一度相談してみることをおすすめします。