肩こりとは違う痛みに襲われたら、四十肩を疑おう

肩こりの痛みは、多くの人にとってなじみ深いものでしょう。しかしそうではなく、40代以上の人があまりにも異質な痛みに襲われたとき、この症状になってしまったのかもしれません。

四十肩の由来

40代~60代にかけて発症しやすいので、このような名前がつけられているようです。
人間の肩関節は非常に広い範囲を動かせるようになっていますが、それだけに複雑な構造をしています。フィットネスクラブに通っている人でも、「急に肩が上がらなくなってしまった」と困惑する40代50代の人が少なくない様子。聞けば、年齢のせいかなだろうと軽く考えていて、年末の大掃除で無理をしてしまい、今まで経験したことがないような激痛が走った……という人も。
痛みが何度も繰り返し起こったり、六十歳以上で四十肩・五十肩の症状が出たり、あるいは腕が震えるほどの激しい痛みに襲われたりという場合には、違う病気かもしれないのでで、気がかりな症状がある際には早めに医師の診察を受けてください。
炎症があまりにもひどいときは、患部を冷やして安静にすることで炎症を抑えなければなりません。
激しい痛みに苦しまないためにも、ぜひ首、肩の体操をしてみてください。とはいえインターネットで調べまくり、効果があるというストレッチやサプリメントなどを片っ端から試しても、ほとんど改善されないという人もいます。

肩こりや四十肩でお困りの方へ~おすすめの整体院・整骨院

アイム整骨院
077-526-5216
滋賀県大津市一里山2丁目14-13ユーベルハイム1F
http://eim-seikotsu-training.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です