こまめな体のメンテナンス・整体で快適な状態を保つためには

身体のメンテナンス

顔や髪の手入れはマメにしている人が多いようです。では、体の手入れはどうでしょうか? 硬く縮こまった筋肉はないか。関節の稼働域は狭まっていないか……。どこかに不調が出れば慢性的な痛みが起こったり、思わぬケガにつながったりするかもしれません。そうならないための、日頃から取り組めるメンテナンスはどのようなものがあるでしょうか?

1.手入れを行う部位

1-1.髪
髪の手入れを怠ると、パサついたり枝毛になったり、逆に皮脂で毛穴が詰まったりします。手入れを怠ったり、誤った手入れを行ったりすると、抜け毛やニオイの原因になる場合も。

乾いた髪は、目の粗い柔らかいブラシでやさしくときましょう。髪のほつれがなくなるだけでなく、頭皮の血行を良くする働きもあります。シャンプー前は忘れがちですが、ブラッシングしておくのがオススメです。
シャンプーの際はなるべくノンシリコンシャンプーを選び、髪ではなく地肌をメインに洗浄します。
トリートメントは、軽く水気を切ってから揉みこむようになじませます。トリートメントは直接地肌につけると肌トラブルの原因になるので注意しましょう。
ドライヤーは60度以上の高温にならないよう気をつけながら、髪から15cm以上離して使いましょう。同じ一か所に当てすぎないように。

1-2.肌
肌の手入れを行うと、吹き出物やシミ・シワなどを防ぐことができます。男性の場合もテカリや角栓などが気になる人は、手入れを行ってみるといいでしょう。

肌の手入れの基本は洗顔です。しかし洗いすぎも良くありません。洗顔料を使うのは1日2回までにしましょう。
最初に洗顔料をよく泡立てます。手で直接顔をゴシゴシと擦ってしまわないよう、キメの細かい泡を作って肌に滑らせるようにして洗います。水温は人肌より少しぬるい程度の32度くらいがベスト。シャワーは水圧も水温も高すぎる場合がほとんどなので、入浴時の洗顔には気をつけましょう。

体には、冬場は特に保湿剤を塗ってケアしましょう。風呂上りなど、細胞が水分を含んで柔らかいときに行うのがオススメです。
保湿剤は、なるべく刺激の少ないものを選んでください。乾燥が気になる人は、肌に被膜を作って水分の蒸発を防げるように、油性成分を含んだものを使うといいでしょう。

1-3.筋肉
使いすぎれば筋肉痛になるし、同じ姿勢のままでいると凝り固まってしまいます。適度に動かして、隅々まで血をめぐらせるよう心がけましょう。

硬くなった筋肉は、痛くない程度の力で刺激して血行を良くします。普段伸ばし気味の背筋と縮め気味の腹筋は、体を伸ばしながら後ろに反らし、背筋を縮めて腹筋を伸ばすストレッチが有効。

1-4.関節
こまめに動いているつもりでも、日常生活で行う動きはパターンが限られます。決まった方向、角度にしか動かさないでいると、関節は錆びついて稼働域が狭くなってしまうでしょう。

肩を大きく回したり、股関節を開いたりして、普段は使わないところまでめいっぱい稼働させてみてください。手首も、腕を前に伸ばして手のひらを反らしたり、手の甲を反らしたり。足首もよく回しておきましょう。

2.体のメンテナンス

2-1.筋肉の状態を最良に保つ
筋肉の状態が悪くなると、痛みを感じるようになります。それは筋肉痛のように一過性のものばかりではありません。腰痛や肩こりなどといった慢性的に続く痛み、神経痛のようにしびれを伴う痛みも引き起こす恐れがあるのです。

というのも、筋肉が硬くなると血管や神経が圧迫されて、通りが悪くなってしまうから。血流が滞れば新鮮な血液が届かず、筋肉が酸素不足や栄養不足になり、痛みを発して改善を促そうとします。神経が圧迫されればしびれや痛みが出るだけでなく、うまく力が入らなくなり、手を使ったり歩いたりするのが困難になる場合も。

そうならないために、筋肉に柔軟性を保つことが大切です。

2-2.関節の状態を最良に保つ
普段から意識的に関節を使うように心がけていないと、現代人の生活では良い状態に保つことが困難です。使わなければ可動域が狭まっていき、いざ動かそうとしても思い通りに動かなくなってしまいます。
肩や肘、膝など、重要な関節はいくつかありますが、体全体について見た場合、重要になるのは骨盤にある仙腸関節です。

わずか3mm程度しか稼働しない関節ですが、これが不調をきたすと腰痛や神経痛、便秘、婦人科系の症状などがあらわれることも。体の外側にも内側にも影響する、非常に重要な関節が仙腸関節なのです。
一日中座っているデスクワーカーやバス・タクシーのドライバーなどは特に不調を起こしやすい部分。運動不足な人や座っている時間が長いと自覚している人は、意識的に改善していったほうがいいでしょう。

3.メンテナンス方法

3-1.セルフストレッチ
最近では、健康バラエティ番組でも効果的なストレッチが紹介されることが増えています。ほかにも、雑誌や書籍、インターネットなどから情報を得られるでしょう。特にインターネットではストレッチを動画で閲覧できるため、複雑な動きでも繰り返し見て覚えられるはず。

セルフケアで一番の障害が、三日坊主です。自分のペースで好きなタイミングで行えるという利点がある反面、面倒になるとついサボってしまいやすいのもセルフケアならでは。そして1回や2回行っただけでは効果が実感しにくいため、途中でやめてしまうのかもしれません。
毎日入浴後や寝る前など時間を決めて、継続してストレッチを続けると効果が実感できるでしょう。
3-2.整体
体のプロフェッショナルによって、的確な施術が受けられます。自覚しているコリや不調ばかりでなく、このままにしておけばいずれ痛みが出る場所や、知らず知らずのうちに負担がかかっている部分などを指摘してもらえるでしょう。その結果、症状が出る前に改善できるということも。

整体院でメンテナンスしてもらう場合には、ただ施術台の上に横になっているだけで大丈夫。ストレッチの手順を覚える必要もなければ、自分で調べる必要もありません。整体師があなたの今の体に合った施術を判断して、筋肉や関節を整えてくれます。

腰痛や肩こりなどの具体的な症状がある場合は、あまり間隔を開けずに通う必要があるかもしれませんが、メンテナンスで通院するのなら1か月に1度ほどの通院で済むことがほとんどです。無理なく続けられるでしょう。

セルフストレッチで頑張ろうという人にとっても、一度プロの施術を受けることで、より効果的な筋肉のほぐし方や関節の調整方法がわかるようになるので、参考になるはずです。

まとめ

髪や肌の手入れは念入りに行うのに、体のメンテナンスがいい加減な人は結構多いのが現状。それならばいっそ、プロに任せてしまうというのも手です。若いうちからマメな手入れを続けていれば、年齢を重ねたときにその効果が実感できるでしょう。これは髪や肌にも同じように言えることかもしれません。まだ大丈夫、痛くないから平気……と思わず、症状が出る前に手を打つのが、本当は一番確実で簡単に健康な体を維持する方法なのです。

おすすめのメンテナンス整体

平塚にある「からだメンテナンスRoom Colinux」

 

テニスしなくてもなってしまう、テニス肘の予防と対処法

テニス

テニス肘は、テニスにより肘を酷使し痛めてしまうもの。正式名称は痛む部位によって2つに分けられ、肘の外側が痛む場合は「上腕骨外側上顆炎」、肘の内側が痛む場合は「上腕骨内側上顆炎」と言います。

しかしこのテニス肘、テニスをする人だけのものではないのです。普段の家事やデスクワークで肘の痛みを覚え、病院に行ったところテニス肘と診断されることも。

そもそもテニス肘は、腕や手首の使いすぎが原因なのです。

日常的に何気なく行なっている動作によって引き起こされていることもあります。たとえば、パソコンやスマートフォンを使うとき、特別に力を入れている自覚はないかもしれません。しかし、長時間手首を曲げた状態でいるというのは、それだけで手首にとっては負担なのです。ほかにも、家事でフライパンや包丁を使う、雑巾る。あるいはオフィスで、マウスを操作したりペンで文字を書く。こうした日常的な動作でも、余計な力が入っていたり長時間続けたりすると、筋肉や腱が炎症を起こしてしまうのです。

肘に痛みを感じたら、とにかく安静にすることが大切です。そして痛みがある程度落ち着いてきたら、痛む腕を体の前に伸ばし、グーとパーを繰り返してストレッチをしてみましょう。

そして症状が治まったら、次は再発させないように予防策を講じます。まずは、普段から肘に負担をかけない心がけを。雑巾を絞る際には、なるべく小指側に力を入れるようにする。パソコン操作時は、腕と体の距離が開きすぎないようにし、脇をしめて座る。小さな心がけですが、積み重ねでテニス肘を予防できます。
腕を酷使してしまったと思ったときは、痛みを覚える前――腕が熱を持ち始める前に、タオルで包んだ保冷剤を当てるなどしてケアしましょう。
普段からストレッチをしておくのも予防に役立ちます。お風呂上がりなど体が温まっているときに行なえば、より効果的。やり方は簡単です。まず、ストレッチさせる側の腕を体の前に伸ばします。手のひらを上向きにして、親指以外の指を反対側の手で下方向に押さえます。多少痛みを感じるところで止めるのがコツです。20秒~30秒ほど筋肉をゆっくり伸ばしましょう。次は腕を横にして、また指を手のひらと逆方向に反らすようにストレッチ。終わったら、反対側の腕も同様にストレッチしてください。

日常的な動作でも、負担が積み重なることで起きてしまうのがテニス肘。日頃から意識して負担を減らし、ストレッチで予防して、痛みと無縁の毎日を送りましょう。

ぎっくり腰の予防

重い物を持ち上げたときやクシャミした拍子などに期せずして襲ってくる、ギックリ腰。

どのように予防すればいいでしょうか?

まずは、荷物を持ち上げる際に心がけるべきこと。足場の悪いところや狭い場所などで、無理な姿勢で物を持ち上げるのは危険です。しっかり踏ん張れて、不自然な姿勢にならずに作業できる場所を確保しましょう。もちろん、自分にとって重すぎる物を無理に持ち上げようとするのも避けたほうがいいでしょう。
また、日ごろから重い物を持たなくてもいいように工夫しておくのも手です。大きな荷物はなるべく小分けにしておくのは、以外かもしれませんがぎっくり腰の効果的な予防法と言えます。
さらに、普段から腰周りの筋肉を鍛えておくのもいいでしょう。その際、鍛えるためとはいえ、腰に強すぎる負荷をかけるのは避けたほうが無難。無理なくゆったりと続けられる、自分に合った運動を見つけてください。

そして、もし不幸にもぎっくり腰になってしまったら……

絶対安静を心がけましょう。無理をしなければ、だいたい3日程度で回復します。それよりも長引いたり、ほかの症状を併発したりするようなら、ぎっくり腰以外の病気かもしれないので、医療機関で診察を受けることをおすすめします。

おすすめの整体院

長生接骨院
048-257-5090
埼玉県川口市栄町3丁目12-1ヤマイチビル2F

http://chousei-sekkotsuin.com/

川口の長生接骨院

整体とうつ病

うつ病

まずうつ病についてですが、うつ病はストレスを抱えている人間なら誰しもかかる可能性があります。
つまり現代に生きる人のほとんどが予備軍といっていいでしょう。
主たる原因がストレスなんですが、人間の機能の一つでストレスを受けると副腎皮質ホルモンが分泌されてストレスに立ち向かいます。
その後普通であればストレス反応は収まるのですが、うつ病になるとホルモンの分泌がとまらなくなります。

またストレスの耐性も個人差があってこれは遺伝や育った環境が影響するといわれています。
躁鬱とはうつ病と躁病の両方にかかっている症状をさします。
また躁病と併発すると双極性障害と言われています。
うつ病を治そうと思うと基本的には病院へ行って薬を処方してもらうのが一般的です。

しかしお薬で症状を克服できない人も中にはいます。
そんな方にお勧めしたいのが整体での治療です。違った角度からうつ病に対しての治療を行ってくれます。
人によって合う合わないは必ずあるので、薬で症状が回復しない方は試してみてもいいんじゃないでしょうか。

市川市にある整体院では脳の整体の施術を行ってくれます。悩まれている方はぜひどうぞ。

整体を学ぶのです

学ぶには

今、星の数ほど整体師がいると言われていますが、その整体師さんたちはいったいどこで学んだんでしょうか。

大体の方は整体の学校に通われたんでしょう。中には独学なんて方もいると思います。
また、どこか先生に師事して技術を学ばれたと思います。元来、整体師というものは特に資格が必要ではないので、じゃあ明日から整体師やりますって言っても開業出来ちゃうんです。まぁ3日でつぶれますけどね。

ただ国家資格がないと思ってあなどるなかれ。整体はひじょーーーに奥が深く、さかのぼれば古代の中国にまでたどり着く歴史も深いものなんです。

なので整体師になりたいなぁなんて思っている方はスクールに入るか、誰かの弟子に入るほかありませんね。

ただこのスクールというものがまた曲者で、結局営利目的に走りすぎた学校を卒業したひとたちは正直つかいものにならない人が多いですよね。
しっかりと技術が学べるところでは無いと、将来就職した時に痛い目をみるのはあなたです。
また、誰かに弟子入りするのであれば実際に自分で施術を受けてみるのが一番でしょう。

ほんとに人によって施術の特徴も得意分野も違うので、自分がこれだと思う先生に会えたらいいですね。

ただそんな先生に出会えるのも薄い確率なんで整体スクールに行くのが無難かな?東京に東洋医整体学校というスクールがあるんですが、こちらの先生の施術の腕も教える腕もぴか一です!

整体の好転反応

好転反応とは

あまり、聞きなれない言葉かもしれません。
好転反応、好く転ぶ反応という事でいいことには間違いありませんね!

ただこの原理をしらないと最初はびっくりしちゃうかもしれません。
整体や指圧などの施術後に痛みが出る場合があるんです。
肩こりや腰痛で整体に行ったのに返って痛みが増したなんて最悪ですよね。
実はこれ、好転反応かもしれません。

指圧や鍼などは(特に鍼)は体の組織の一部を破壊することを目的としています。
人間の体は組織が壊れると治そうという働きが強まります。すなわち、その部分の修復のために治癒力が働くという事ですね。
だから指圧や整体などではつぼを刺激するんです。刺激していい感じに組織を壊して、人間の本来もっている自然治癒力を引き出すということなんです。
すごいですよね、人間の体の仕組みって。
ただ一点注意なのが、やりすぎるとだめという事です。ある程度組織を刺激して治癒力を活性化させる分にはいいですが、必要以上に刺激してしまうと、治癒力が働いても根本の原因の部分はほったらかしになっちゃうんです。
なので、がっつりマッサージを2時間とか受けちゃうと必ず揉み返しがくると思います。
この揉み返しの後にすっきりしてくれればいいですが、残念ながらそうはならないと思います。
揉み返しがなくなったころにはマッサージ前のコリがまた出てくる可能性が高いと思います。
なので何事も適度が大事という事です。

足の関節(偏平足)

偏平足とは

一般的には、足のいわゆる土ふまずと呼ばれるところのアーチが低下した状態を指します。

また、横アーチが低下した足を横軸扁平足と呼びます。
偏平足に関してはみなさん様々な誤解をされる部分が非常にあります。
たとえばスポーツをしている人で偏平足になって、ジャンプ力がどうとかっていうのは非常に誤った考え方で単純に運動によって足の筋肉がついただけで心配することはありません。
また、肥満体の人の中でも土ふまずがないと慌てますが、これも必ずしも偏平足という訳ではありません。
そもそもこのアーチは体を支える上でクッション的な役割を果たしているのが、このアーチがおかしくなる原因は足の筋肉の弱体化が一番多いとされています。
つぎに過度の肥満などがありあますし、そのた様々な要因が絡み合うものなのです。

偏平足になると非常に疲れやすくなり、痛みが出てきます。
なのでまずは足裏の筋肉をつけることが大事になります。
まずは筋肉を鍛える事。そして偏平足にありがちな歩き方や骨格のずれを矯正する必要があります。
この骨のずれは整体院さんで治してくれます。
整体を橋本で探してる人におすすめ
また、筋肉の鍛え方なども同時にレクチャーしてくれるので、一度相談してみることをおすすめします。